top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 「暴走する温暖化」2030年未来の分岐点1

環境に対して私たちができることをしていく必要があると、思っておりますが、脱炭素化や温室効果ガス半減といわれても、リサイクル紙を購入することや、自宅に太陽光を設置していること、レジ袋をもらわないや、紙ごみは再利用に出すなどは、行っていましたが、2022年は、あきる野市からも、なにか始めなければと考えておりました。


今正月でまずは、昨年NHKで放映した環境問題についてのドキュメント番組で「2030年未来への分岐点、暴走する温暖化」の録画をまとめて観たのでシリーズでお伝えします。ご覧になられたかもいると思いますが、まずは、4度(現在からは3度)平均気温があがる温暖化で起こるリスクは、海水面が上昇することで、砂浜の90%はなくなり、東京では秋葉原あたりの地域では1Mは浸水するので、店舗の一階は水没、雨が降れば降水量は30%増しの想定が出ています。


現在も雨の量は10%増えており、少し前の長野の台風被害では、千曲川に入った水の量は以前の台風よりも20%水の量が増えておりました。

実際車は60年で10倍の14億台、電力の量も70年間で25倍です。

また地層深くに化石と化した地層に古代のウイルスが、崩落と共に今も息を吹き返そうとしている現状や、森林が無くなることで動物と人間との境界線が消え、動物のもっているウイルスが人間に感染する(コロナウイルス)のようなことの可能性が増えます。


現在EUではグリーンディール政策が始まっており、脱炭素として、再生可能エネルギーに力を入れております。しかし目下日本では、2030年の電源構成をみても、化石燃料が半分以上を占めて利用する計画であり、政治の弱さを感じます。例えば電気充電施設を市内公共施設で整備して電気自動車の環境を整えるとか、その動きを西多摩全域で決めていくこともできる可能性はあります。

環境の意識の高い人をこの地域に集まってもらうことも可能化かもしれません。

またEUで始まっている蓄電池で各家や工場をネットワークでつなぎ、再生エネルギー協同組合という組織をつくることで、晴れて家で電力消費がないときなどは積極的に、工場で電力を消費してもらうような、市民と工場が協力しあうことも可能化かもしれません。ちなみに再生可能エネルギーの電力比率はドイツ42%、イギリス38%、フランス22%に対して、日本は18%です。まだ伸びしろはあります。次回をお楽しみに。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

Comments


bottom of page