top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■あきる野市の不登校対策

教育支援室としてせせらぎ教室が、あきる野市ではあり、社会的自立や学校復帰を目指す取り組みを行っております。令和3年度小学生で60人、中学生で127人が不登校(90日以上の欠席)とされています。いずれも令和元年、2年度より増えております。その中で復帰率は小学生で51%、中学生で7.8%となっております。小学生で不登校になってしまうと、中学校に進学しても継続してしまう実態も見えてきました。

児童生徒のなかには、起立性調節障害という、頭痛や腹痛、立ちくらみなどで、朝起きられない子どもたちがいます。


市では市内にスクールソーシャルワーカーを3名体制配置して、家庭訪問など相談生活支援や福祉制度の活用を促しております。また他にスクールカウンセラーを各校に週一回程度伺わせ、子どもたちの様子など見て回っております。また全員の面接を個別で小5や中1の児童生徒に行っております。


授業は中学校で29コマが週にこなす数ですが、せせらぎ教室は朝のスタートが遅いので、15コマでカリキュラムを組んでおり、卒業後に受験できる学校は狭まってしまうということは否めません。またこれらの学校に進学するにしても、小論文や面接が必須なので、多くの子どもたちの特性から、担当の先生は粘り強く取り組んでいます。

 

このように通える子どもたちがいる反面、そうでない子どもたちもおり、今後も子どもたちが引きこもってしまわないように、検討を重ね子どもたちにとって有意義な施策を施していく必要があります。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

コメント


bottom of page