top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

▪ごみ問題と地域経済

平成31年1月20日

ごみの定義をネットサイトのコトバンクで確認すると、一般には生活に伴って発生する不要物をいう。ごみの定義は社会通念の違いで大きく変化する。かつてごみは無価値なものと認識されていたが,今日ではまだ使えるものが廃棄されたり,廃棄されたものが資源として再利用されるようになっており,その価値にかかわらず所有する意志を放棄したものがごみであると考えられているとあった。

そのゴミ処理の方法は、減量化と資源化などが考えられる。

そこで、あきる野市では、減量化・資源化のための役割分担として、市民(12)・事業者(10)・行政(14)の役割を示している。(カッコ内はその項目数)

例えば市民の役割では、ものを大切に、使い捨ての商品は使用せず、不用品は再利用して、余分なものは買わないなど12項目のうちの4項目がこれである。

確かにその通りであるが、しかし経済の側面を考えると、突き詰めると、ものが売れない。ただでさえ高齢化がすすみ、消費は弱くなっていくのだからである。

国では2020年までに、廃棄物処理で排出量を年間12%、家庭系のゴミを一日一人あたり500g、再利用率は27%と削減目標と掲げている。

東京都も2020年までに同様な基準を設け、計画を掲げ、施策を6項目とした。

その5項目めで、健全で信頼される静脈ビジネスの発展があった。

聞き慣れないので、「コトバンク」で調べると、製品を供給する製造業を「動脈」にたとえるのに対して、産業廃棄物や使い終わった製品などをリサイクルしたり、負荷が少ない形で自然に戻したりする産業を「静脈」にたとえた呼び名と紹介されていた。

現在あきる野市では減量化の目標値は達成しておらず、平成28年度で家庭系のゴミは一日一人あたり648.2gが実績値である。原因としては、可燃ごみにおいて紙類が混在している比率が41.8%と高いことも減量化に繋がっていないと推測できる。

具体的な減量や、資源化を進めるためには、量り売りなどをしている商店を行政がPRして、多くの賛同者を育てるや、食事のメニュー検討でも、欲しいものより、地産のもので食材を考えるなども必要な気がする。経済の発展とごみの減量・資源化の相反することに対して、静脈ビジネスを育てることが、地域経済に良い流れが生まれると感じる。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page