top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

▪クールジャパン戦略

世界から「クール(かっこいい)」と捉えられる(その可能性のあるものを含む)日本の「魅力」をクールジャパンという。

例えば、「食」・「アニメ」・「ポップカルチャー」など、海外で関心がある、様々な分野である。これらを世界からの「共感」を得て、日本のブランド力を高めるとともに、日本ファンを増やすことで、ソフトパワーを強化する狙いの戦略である。

日本では各国の目線が強く意識されておらず、世界の人々の感覚や質の変化などについて認識されていない。日本人が日本人の目線でいいと思うものを世界に売り込むのではなく、世界の人々の目線を起点としたマーケットインの活動に転換する必要がある。

そのために魅力の深掘り、関係者の連携、発信など様々な場面における問題がある。

今こそ「クールあきる野」「クール西多摩」「クール23区外」も考えてみたい。ご存知であると思うが、 内閣府特命担当大臣の任命を井上代議士が受けている。この機会は我々の提案を直接的にうけ止めて頂けるチャンスである。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

Comments


bottom of page