top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■コンパクトシティとは

コンパクトシティとは、誰もが自由に行動できるバランスのとれた都市づくりで、災害においてのリスク対応が求められる都市である必要があります。


現在では、日常で自家用車での移動が困難と思われる高齢者が陥る買物弱者と言われる問題や、子供世代と同居せず、高齢夫婦がお亡くなりになると、そのまま空き家になってしまうような住居、防災上問題がある狭あい道路、少子化による学校のあり方など何処のまちでも課題であります。


また移動手段の確保として、あきる野市では移動手段として、るのバスという定路線バスを市内で走らせていますが、住民の不満は多く、乗車率も悪い状況です。


この課題は明確で、るのバスはバスという括りでは小型ではありますが、住民の家の近くまで入っていくための道路が狭く結局使い勝手は悪いのです。

また場所によっては、中途半端に住宅地に入るので、巡回に時間がかかり便利とは言えません。


その解決策の一つとして、市内にいくつかの拠点をつくり、その拠点間をるのバスで運行すれば、1台でも多くの市民を短時間で移動させることは出来ます。そして、その拠点につなぐように、小型の予約式のデマンドカーが小まめに動けば良いのです。


ではその拠点はどこに設置すればよいかということが、コンパクトシティ計画につながってきます。今回は拠点と移動手段についてでした。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

Comments


bottom of page