top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

▪フィルムコミッションの活用

令和元年5月18日

フィルムコミッションとは、映画等の撮影場所誘致や撮影支援をする機関であり、地方公共団体(都道府県・市町村)などが映画撮影などを誘致することによって地域活性化、文化振興、観光振興を図るのが狙いとされている。あきる野市はこれに力を入れて各所にドラマの撮影などが入ってきた。

ミーハーな感覚で捉えると、身近な施設や街なかにテレビで観る俳優さんが撮影していた現場など出くわすと胸が躍るし、自慢もしたくなる。しかしそこで留まっているようでは行政で取り組む意味が薄い。

千葉県いずみ市では、映画フランスのカンヌ国際映画祭の最高賞を受賞した「万引き家族」の海水浴シーンで使われた海水浴場には、1.5倍の客が増えたことや、人気ドラマ「孤独のグルメ」で使われた飲食店では放送前より10倍、客が増えたと店主はいう。市ではロケを2015年から207件受け入れた。観光客は4年間で31万から、41万人と10万人増えている。

あきる野市の観光客動向は西多摩地域広域行政圏協議会発行の「西多摩地域入込観光客数調査報告書」から、平成24年度報告書(平成25年3月発行)においてあきる野市の観光入込客数が約204万人で、これに対し、の平成29年度報告書(平成30年3月発行)では、観光入込客数が約250万人で、5年間で約46万人の増加を示している。

このようなロケツーリズムを国が後押しし始めた。経産省が共催となった自治体トップと映画監督など250人以上のマッチングイベントが開催された。京都府京丹波町ではロケ誘致用のパンフレットを作成してPRに努めていた。以前鳥インフルエンザの養鶏場があった場所の跡地が広く空いているので、そこを利用してもいるのである。

あきる野市でも2014年4月よりフィルムコミッションが始まり、今年で5年経過する。成果は最近ではドラマ「中学聖日記」などであきる野市各所が現場となった。200作品を超える撮影がきているという。先程記した、いずみ市と同様な数であるが、観光客の増員は5年間で46万人と大変多い。その方々をしっかり取り込んで商業の発展につとめたいものである。

このように経済的な視点から考えてみると、多く来て頂ける仕組みの基礎は出来上がりつつあるが、冒頭の地域活性化、文化振興、観光振興の視点からの成果や課題を考えていかないといけないのである。またより多くの撮影をしてもらうための場所の確保をどのように増やしていくかも課題である。

国も注目し始めると、競合も増えるので行政としては、より営業力の強化が必要になるのであろう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

Comments


bottom of page