top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■中古品市場

日本の中古品市場は、世界的にも評価が高いようです。


私も使った家具や本、服などを売りに行ったことはありますが、結局のところ、古くなって価値が上がるもの以外は、運んで持っていく経費を考えると残念な金額を提示されます。

他には子どもに頼んで、メルカリで使ってないバックを売ったことがありますがが、ロードサイドのお店に持っていくよりは、良い金額で売れ喜んだ経験もしました。


その違いは、メルカリは販売店の維持経費や、修理する人も介在しないので、自己責任という関係で成立していますが、ロードサイド店の例では、買取金額が安くとも、交渉までして少しでも高く買ってもらおうとは思わないという、議論を嫌がり仕方がないと思える国民性があることから、このビジネスモデルが成立出来ているようにも思います。


ピアノなどは、テレビコマーシャルでも放送していますが、年間2万台近く買い取られ、海外に修理後、販売されているようです。その背景には日本人はピアノを買っても、あまり使わず中古の状態が良い事がその背景にあるようです。


世界でも古い材料で家具をつくる文化は日本と同じようにあるようです。

日本人は丁寧にものを使うので、中古も長く生きていけるのでしょう。


幼稚園や学校の制服でお下がりを共有するのも、日本人の文化なのでしょうか。


今後環境に負荷をかけないという点でも、お下がり文化(勝手につくりました)や、フリーマーケットなどセカンドライフの商品が日常で流通することは、大切なのかも知れません。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Commentaires


bottom of page