top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■児童虐待防止対策

コロナ禍の影響はさまざまありますが、家庭内の児童虐待は、全国的にも学校等の休業や外出自粛が継続した結果、こどもの見守り機会が減少し、児童虐待リスクが高くなってしまいました。


児童虐待の相談件数は、あきる野市で、令和元年度は190件、令和2年度130件、令和3年度205件です。令和2年度が下がっているのは、休校が続き、発見出来るはずの実態が家庭内で表面化されなかったことも、原因であると予測されます。

全国的には、令和3年度225か所の児童相談所が、児童虐待相談として対応した件数は207,659件で、その前年のデータで令和2年度の一年間の死亡件数で心中による虐待死は28人、その他の虐待死は49人に上ります。そのうち年齢では0歳児は32人で65%を超えます。


市では、虐待を受けている子どもや支援を必要としている家庭を早期に発見し、保護や支援を図るために、子どもや保護者に関する情報の交換や支援内容の協議を行う場として、要保護児童対策地域協議会(子どもを守る地域ネットワーク)があり、児童相談所や、警察、民生委員、児童委員等などが連携を図っています。


その他防止対策は、子ども家庭支援センターの職員が幼保小中学校へ定期訪問を行うや、予防講座などを開催する取り組みを行っております。


早期発見、対応が図られるように、支援をしていきたいです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page