top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

▪公共交通を考える その2

公共交通の不満を軽減しながら、公共の負担も少なく運営していけるような夢のようなプランを検討していくことは必要であり、その夢のプランを具現化していくことは経営的感覚が必要であると思う。

そこで私が考える具体的なプランは、この際「るのバス」ルートは現存するので除く。(今後のるのバス路線は検討の余地あり)

まず市内を6地区に分ける。「東秋留・西秋留・多西・草花・増戸&五日市(一部)・五日市地区」である。これは明治になり市制町村制が施行され、合併した村々が基準とする。ちなみに江戸時代当初、旧秋川市側は14村、旧五日市町は16村で構成されていた。その村単位は今も町内の名前で残っている。

学校もこの単位で存在することからも、コミュニティの単位であるといえる。正しくこの地区ごとにルートを考えていくのである。そして利用しやすいバスにするために、地区内で路線や時間などを自分たちでつくっていける公共交通であることが大切である。この条件下バス停の箇所や、わかりやすいルートや移動したい目的に合わせた時間帯で運行するような設えは必要であろう。


現在は公共交通の空白地域にコミュニティバスを走らせれば良いや、るのバス路線にもう一台走らせておけばと行政は考えているが、そもそもの考え方がちがう。免許を返納した時点でその人にとっては、空白地で有ろうと無かろうと、不便な環境になるってことだ。このことからも公共交通は市内全域で考える必要がある。挙げ句には空気を運んでいると揶揄されでもしたら、どうしようもない。そのようなことが無いように利用する市民を増やし、高齢者や交通弱者に優しく、今後移転して流入する方も想像しながら、考えていく必要がある。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Comments


bottom of page