top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 図書館はあなたの財産

地域の情報から、ビジネスや学習の一助を担うように考えられている図書館ですが、人口減の中にあっても、公共図書館は全国で3300館以上と増えており、登録者は5800万人以上で、国民の半数程度を占めます。そして年間は12点が平均で借りられています。登録のみの方も多い中、平均ということなので、借りている方はかなりの冊数を借りているのだろうと察します。


ここでもあきる野市を考えてみたいと思います。まず図書館の数ですが、中央図書館、東部図書館、五日市図書館、増戸分室の5館で、比較統計上から、人口から追うと、20万人に1館であり、西多摩のなかでも、少ない環境にあります。


年間貸し出しは個人で、令和3年で5館合計は、453,349冊を貸し出しています。コロナ禍前は500,764冊なので比較すると、90%以上は戻ってきた状況が確認できました。


最後の調査は、冊数や分類の充実度です。

まず冊数は、一般書440,487冊と児童書180,369冊の620,856冊です。これは近隣図書館や同規模自治体と比較しても多いです。

また全体の構成は一般書70.9%、児童書29.1%でありました。この構成は概ね同様でした。

続いて分類割合を確認してみました。35%で文学、13%で社会科学、9%で歴史、7%台で自然科学、技術・工学に続きました。

児童書で絵本は、64,290冊あり10.4%です。


今後私たちももっと図書館を利用し、良い点、そうでない点を共有して、改善、成長させていかなければなりません。冊数はあっても、古かったり、今は使えないと思うような本であれば、満足は感じられず、結局欲しい1冊が手に取れない図書館になって利用しないという結果になっては、意味がありません。私たちの役割としても、ビジネスの拠点に発展させていくことも大切ではないでしょうか。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

Comments


bottom of page