top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

▪地域の魅力づくり

平成30年10月5日

若い世代が定住を望み、高齢者も長く健康に暮らせる地域であるために、地域の魅力は欠かせない。現在と今後で、どのような取組をしていく必要があるかをあきる野市で考えてみる。

あきる野市に、お越しになられた方が「都心から一時間程度の時間であるにもかかわらず、こんなところが東京にもあったのですね」と言われることが良くある。確かに世界で、名だたる大都市の、東京と名がつくところであるにもかかわらず、自然がいっぱいで森林面積は60%を超えるからだ。

今年で34回目となった、あきる野映画祭は、五日市町が合併前に「映画館のない町に映画文化を!」をスローガンに、今から33年前にスタートしたイベントがある。

そのような活動を基盤として、市政施行15周年記念では、映画「五日市物語」、市政施行20周年記念には同じく「あきる野物語 空色の旅人」を制作した。その流れもあって市では、フィルムコミッションに力を入れて多くのロケがあきる野市に来ている。

先日も市役所の副市長室が撮影に使われた位だ。身近な場所をテレビで観られるのは、嬉しい限り。

また数年前は、犯罪の道具として使用される危険性もあり、良くない印象でもあった、ドローンだが、適正な利用のための、資格試験の会場として、旧戸倉小学校(戸倉城山テラスとして観光目的で利用)が使われている。

また市でも有事の際、ドローンを利用して孤立地域に物資や情報機器を持ち込む訓練など防災の観点からも力を入れている。

また国からは獣害被害の調査研究にドローンを使って夜間などに山間を飛行させている。ドローンを使った安心なまちづくり計画として、最近では行政視察がお見えになるようになった。

観光の観点からは、秋川渓谷といえばバーベキューであり、夏になると市内三箇所の秋川流域のバーベキュー場に約10万人毎年訪れる。

このようにあきる野市へ来てもらうきっかけに、自然に触れるや、TV番組などのシーンなど、魅力発見、発信のチャンスがあると思う。今後は市内のエリアを検討して、特徴を理解した、まちづくりを進める必要があり、そこは課題であります。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page