top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

◼ 地域保健福祉計画は広すぎる。

 多くの人やその集合体が絡みあい出来上がる計画で、関連広いが、その範囲を連携している実感が理解できている人は少ないと思う。


計画のつくりは基本構成が4本柱あり

1環境づくり→2地域づくり→3相談体制づくり→4ひとづくりである。


 計画内容としては、健康寿命を伸ばすことの取組の学習や事業や、検診、医師との関係、医療機関との連携、その医療機関どうしの連携、災害など有事があったときの対応、外出しやすいユニバーサルデザインのまちづくりや、町内会自治会をはじめとする支え合いや、それに加入していない方々の地域ぐるみの支え合いなどのフォローアップ、社会福祉協議会の事業の補助や支援、子どもたちの見守り、高齢者の緊急事態の救援、児童・障害者・高齢者の虐待対応、引きこもり相談、妊娠から子育てまでの支援や情報、ひとり親家庭の生活支援などなど、もっとである。


そして推進する人を作る取組である。例えば介護職員を確保するヘルパーの養成や認知症サポーター、介護予防リーダー、健康づくり市民推進員、手話奉仕者・通訳者養成や、地域子ども育成リーダーや、めざせ健康あきる野21推進会議ボランティアで、あったりと地域の力を必要としており、その育成も大変である。


これらのつながりは広く、役所の部署間の違いもあり、横の連携も難しく、わかりづらいが、地域が必要としていることは、確実です。


 今後もあるべき姿を考え、すべての充実が必要でありますが、いままで、町内会自治会に依存してきた母体が崩壊寸前である今ニューノーマルが求められているはずです。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Comentários


bottom of page