top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

▪将来都市構成の5つの拠点

令和1年7月20日

将来都市構成を考える上で、拠点の構成という視点もあり、そこから今回は考えていきたい。拠点は①交流拠点・②生活拠点・③産業拠点・④観光レクリエーション拠点・⑤緑と憩いの拠点の5つである。


まずは①交流拠点で考えられているのは、秋川駅周辺であり、商業の核や文化レクリエーションの機能の拠点として、また生活情報の発信の場の形成も図る。次に武蔵五日市駅周辺である。ここでは街並みや歴史的背景を商業の活性化に活かしていくと共に自然環境の環境レクリエーションへの玄関口として整備をしていく。


続いて②生活拠点に構成されている東秋留駅周辺は、沿道の整備や緑化北口の商店街の充実。また都市機能の充実を図るために修復型のまちづくりを基本とした整備を行い、武蔵増戸駅周辺は歩きやすく安全な生活道路の整備、商店街の充実を図るための整備を進めていく。


③産業の拠点は旧秋川高校跡地を中心とする豊原地区から武蔵引田駅周辺までの圏央道日の出ICの活用、秋川駅北口地区との隣接などで流入人口の誘導なども活かし産業の誘致と企業の育成を図る拠点として進める。


④観光レクリエーション拠点を、十里木・長岳として「秋川渓谷瀬音の湯」を中心に自然豊かな景観の整備と地域経済の活性化を進めます。


⑤緑と憩いの拠点では秋留台・草花・小峰公園、網代緑地、金毘羅山周辺風致公園、大澄山周辺緑地を市民の憩いの場となるように位置づけて、「郷土の恵みの森構想」と整合を図り身近に触れ合う地域に調和した整備を進めます。

以上が拠点で取り上げている地域等である。


用語として②生活拠点の「修復型のまちづくり」とあるが、これは基本的なまち構造は変えず、少しずつ改善を重ね良好なまちを作り上げる手法のことである。


今回は拠点構成の分類で終わるが、現在も計画実施が未整備であったり、方向性が地域住民や企業と行政で明確に理解されていないことも多く見受けられる気がする。今後はより理解を深めてしっかりと計画を打ち出していくことが大切で、都市整備のハードも、まちづくりのソフトも平行で進めるには時間がかかるからである。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Comments


bottom of page