top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■復興の地図から

 NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。


その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。


その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではありますが、復興へのキーワード「還暦以上は口を出さず」という年長者が要らんことは言わないという心意気で、若い人にまちづくりを任せている町があります。


震災の1か月後から、コンパクトなまちづくりをすすめて、スタート女川として移動しやすいまちを目指しております。また起業家支援も行い、80%の費用は町が負担し、全国へ参加者を呼びかけ、女川で起業ありきではない条件ですが、結果として53人が卒業し、町内で15人が起業しました。


起業する方にもまちとしても協力体制はあります。例えば運動教室を起業した方の例をだすと、保育所などの科学的データを女川町は、共有をしたりしてくれ、より身近に起業しやすくなっております。


また企業以外でも20代単身者が1.5倍に増えています。町の人が若い人のアイディアを受け止める復興へのキーワード「還暦以上は口を出さず」の文化が芽生え始めており、具体に移住を考えている方に、移住費用を1か月無料にすることを行い、その結果として参加者の25人が現在移住しました。


新しいかたや、若い方に本気になってもらう為には、組織もしっかり任せて、伴走するような街づくりをしていかなければ、難しいし、やはり住みやすいまちとして、コンパクトな街づくりはキーワードになると感じました。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■あきる野市の環境の取り組み 

地球温暖化対策として、あきる野市もカーボンニュートラルに挑戦しております。 二酸化炭素の排出量の削減にむけて、2030年度までに48.6%削減が目標です。令和5年度における具体な施策は、空調設備の改修、照明のLED化、電気自動車導入などが目玉です。 また光熱水費が多くかかる施設で瀬音の湯及び、五日市ファインプラザ、市民プール及び、いきいきセンターの4施設で温室効果ガス排出量は合計で1,572t-C

Comments


bottom of page