top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 愛媛県大洲市の視察報告

先日愛媛県大洲市と西予市に視察に行ってまいりました。

大洲市は、天守閣の再建から、古い町屋を再建して宿泊させる事業を100%出資した、地域DMO(観光物件、自然、食、芸術・芸能、風習、風俗など当該地域にある観光資源に精通し、地域と協同して観光地域作りを行う法人)として行っております。


人口減少は例にもれず、発生している現状ですが、若者を減らさない、健康老人を増やすなどの施策を同時おこなっております。観光に戻りますが、2000年頃から相続が増え、持ち主が景観条例などの網があり、手放す子孫もあり、採算ベースに乗せるためにある程度の部屋数は必要で、5期の計画で30室を目標に、古い家のリノベーション工事をしている状況です。


コロナ禍でもどうにか、やりくりで、赤字を免れている状況です。この厳しい時を、しのいだので、コロナ前のように、今後は観光などで外国人などが、訪れることが予想されます。

大変感じのよい宿場でした。ここでは、リノベーションのセンスが大切で、ここは国の専門家の知恵が生かされています。そして観光客の声を聞き逃さず、新たな視点で開発が進んでいます。

観光協会はイベント重視なので、DMOとの差別化はできており、三セクではありますが、垂れ流しのイメージはありません。次回は西予市についてレポートします。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Comments


bottom of page