top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 愛媛県西予市の視察を報告

西予市は移住交流促進支援事業を地方創生推進交付金を利用して行っています。

マッチング事業として、都市部で田舎暮らしに興味がある移住者をSNSなどで募集して、移住希望者の交通費等は負担し、3か月毎に交流事業を実施します。それに参加をしてくれた方にリノベーションした空き家を提供します。3回に渡りお見合いをする形になるので、移住者も住民もお互いをわかり、そのうえで移住するので、勘違いはなくなります。


また、住まいは、空き家バンクに登録された、物件から、リノベーションする建物を選び、概ね1件1000万位かけて改修。市が借り上げ移住者に賃貸します。その上がりで市の負担分250万は完済できます。そのスキームで空き家を減らし、移住者を受け入れている事業形態です。

令和三年は71人、52世帯が移住しました。

国からの支援をうまく活用したリノベーション計画です。


今回大洲市と西予市を視察しましたが、説明している担当者が自信をもって生き生きと説明しておりました。これは職員から、やらされている感から発する表情や言葉ではなかったことが印象的で、やりがいを感じて、まちを創っていることで、成果が出ていることを実感しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page