top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

◼ 教育環境とギガスクールの調和

5年先を見越し検討をしていた、ギガスクール構想はコロナ禍のもと、教育現場は学びの転換が急がれる。

現在は端末を所持する環境が整い、小学校入学と同時に一人一台支給されている。

今後は、教材としていたドリルなどは、アプリに置き換えられるときが、近い将来に訪れる。

例えばドリルアプリがAIを伴うと、苦手なところまで、さかのぼって学習ができるなど、どこでつまずいているのか一目瞭然にわかる。また答え合わせなどの教員の手間も省ける。


宿題も個人ごとに異なることもある。発展的な問題に挑戦する生徒もいれば、弱点克服に取り組む生徒もいる。

基本的に一斉学習からの脱却で、学びの深化につながる。

その効果は、不登校の児童生徒や、特別な支援を必要な子どもたちも得られる。


しかし以上のような世界にたどり着くまでには、少し時間がかかりそうである。

まずドリルアプリを購入する費用や、宿題をするにしても、各家庭のwifi環境も整える必要があるが、各家庭の財政事情も異なる。

そのようなことから、現在は調べ学習をする程度であり、今後どのように進めていくかは検討中である。


また今回端末の費用を国からは、買い取りの金額しか支給されず、お金のある自治体は、リースを選択したところもあるが、そうでないところは、買い取った端末をいつまで使うか懐と相談である。

それに加え、教員の端末の購入費用は自治体持ちである。

そして5年後の端末の買い替えに国は費用を出してくれるのかも未だ不明である中、チャンスを無駄にせず、子どもたちの学習を進められるように、力を尽くして行く必要があると思う。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

Comments


bottom of page