top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■日本の安全環境は悪化しているのか

 

1月に防衛費確保を話題としたので、少し会の目的からはなれてしまいますが、

社会生活は平和があるから、営めることから現状を確認していきたいと思います。


国家安全保障環境が悪化していると言われています。

その根拠は30年前から現在において、中国の国防予算が40倍になり、現在は東南アジアエリアでは中国の軍用機や艦艇は、アメリカをしのぐほどになっています。核弾頭も400発を超え、2035年には、アメリカと並ぶ1500発を有する計画であることや、隣国に北朝鮮や、ロシアの専制主義国家に囲まれていることも原因です。


最近アメリカで台湾有事のシミュレーションの報告がありました。アメリカが所有する空母が、かなりの打撃を受け、仮想空間では勝利はしましたが、打撃は軽くはありませんでした。


戦争を想定するにあたり、有事と平時の境界線は曖昧で、今までの陸海空に加え、宇宙、サイバー、電磁波、心理戦など、いろいろな環境下で戦いは行われる可能性があります。


今後平時にやっておかなければいけないのは、抑止力を見せつける事です。

そのような環境を整える事は、耐え難い代償を払うことを理解させ、侵略を思いとどまらせる、抑止力につながり、敵国から自国を攻撃させない防衛であります。


これは正解というわけではなく、世界的に兵器は持たないことまで、進化することが、何よりです。

しかし、「話せばわかってもらえる」と言うことで何もしない結果、侵略されることは、国民は望んでいるのでしょうか。

あきる野市の議員の中でも、応戦しているウクライナもロシアと同罪という考えを持つ議員もいます。今が平和であるから行動や、言動が許されていることは理解してもらいたいと思います。

地域の経済活動が通常に営まれるのも、幸せなことなのですね。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page