top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 減り続ける出生数

2019年日本の出生数は90万人を切って86.4万人になりました。

想定より早く人口減少が進んでいるようです。しかし世界的には中国のゼロ歳児は東京都民並みの人数で、インドはそれより1千万人多い。

反対にドイツは77.8万人、イギリスは64万、韓国は30.3万人です。


韓国と同じくらいの出生数を日本で言えば、関東地方が31.4万人です。同様にスウェーデンと九州沖縄地方は11万人です。


では韓国の少子化対策として、政府は2025年までの「第4次少子・高齢社会基本計画」では、2022年から0~1歳の乳児を育てるすべての親に対して月30万ウォンの「乳児手当」を支給することを決め、更に2025年までに50万ウォンに引き上げる方針。また、2022年からは出産時に200万ウォンを一時金として支給する制度を新設するほか、男性の育児参加を奨励するため、満1歳未満の子供を持つ両親が3カ月ずつ育児休業を取得した場合、双方に月最大300万ウォンの休業給付金を支払う計画も追加した。しかし、このような手厚い制度を導入したが、目下、韓国の出生率を地域別に見ると、ソウル市(出生率0.72)、釜山市(同0.83)、大田市(同0.88)、光州市(同0.91)の出生率は全国平均0.92をさらに下回っている。地域間における出生率に差があり、大都市を中心に出生率の低下が広がっていることがうかがえる。


ウェーデンでは、子ども1人につき、両親あわせて390日まで、勤務時の給与の約8割が支払われ、さらに、その後90日までは一定額を受けることも可能な制度設計がありました。

少ない人数なので、出来る手厚い内容であると思います。

今後日本が、補助をしていく費用や、内容または、小さい政府である自治体が成功例を創りやすい仕組みを、国は制度設計していく必要があります。

そのような要望も大切ではないかと考えます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Kommentare


bottom of page