top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

◼ 無居住(空き家)家屋対策 

社会問題の一つに空き家対策があります。

今回は空き家対策から、「空き家バンク」の先駆者の長野県佐久市の事例を参考にしてみます。

無住居が起こる原因の多くは、相続関係であり、その後の改修費や除去費用が捻出できないや、他人に貸すことへの抵抗感、買い手や借り手が見つからないなどが発生の原因であり、それに対する予防策が検討されていない課題がありました。

調査対象物件は情報から、4,833件が調査対象で、内3,129件が空き家と推定されました。

その上で、個々の物件へ状況や意向調査をアンケートにて実施、1,456件の回答を得られました。

 全体で世帯数に対する空き家数の割合は7.6%でしたが、地区別では10%を超える地域も存在しました。

次に、空き家の状態を4分類にランク分けしました。状況が良いをA、小規模な改修が必要B、中から大規模の改修が必要C、それ以上Dとして、第三者に危害を加える可能性がある建物は617件という結果となりました。


全体の対策計画として、空き家化の予防サポート、管理の支援、活用推進(空き家バンク)、除却や売却の呼びかけ、空き家データベース整備などの方針を定め実施を行い、数値目標として、Dランクの空き家数を平成30年で270件を今年度210件にすることを掲げ、実際は206件となるなど、成果は出ています。


また平成28度におこなった、空き家調査を経過観察調査も行い、所有者へは、啓発や相談窓口、空き家のパトロールなどで指導などを行っていっております。

次に利用先として、注目される空き家バンクですが、これは次回とします。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page