top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

▪生活圏を考える

平成30年9月1日

昼間人口と常住人口(夜間人口)について、地域の違いを考えてみる。

東京都の統計から、平成27年のデータでは、(昼夜間人口比率=昼間人口÷常住人口で計算)、あきる野市の昼間人口は総数69,906人で、常住人口は80,954人なので、昼夜間人口比率86.4%で、同様に青梅市は、昼間124,145人で、比率90.4%、福生市は52,564人で90.0%、羽村市は51,875人で92.9%、昭島市は101,452人で91.0%であった。

この数値から五市の中では、あきる野市に通勤や通学等の、昼間に流入する施設が少ないことが伺える。

続いて、15歳以上で、通勤通学等で流入する人口と流出する人口は、あきる野市は流入人口11,256人で、流出人口22,304人、青梅市は20,795、34,031、福生市12,076、17,907、羽村市14,686、18,644、昭島市25,603、35,690であり、いずれにしても、流出人口の方が各市多い。

最後に15歳以上の地域間の移動についてのデータからは、あきる野市民で、あきる野市内に通勤通学している方は、15,450人で青梅市へは、1,592人、福生市へは1,049人、羽村市へは780人、昭島市へは969人でした。合計すると、21,500人。

青梅市民の場合は市内31,222人で、残りの4市で最も多い移動人数は羽村市で4,304人が移動、

福生市民は市内8,678人、4市では昭島市へ2,064人が移動、

羽村市民は市内11,295人、4市では青梅市へ3,336人が移動、

昭島市民は市内22,344人、4市では青梅市へ1,321人でした。

あきる野市のデータをもう少し考察すると

、従業地や通学地が東京都内で36,194人おり、区部には3,094人で、近隣町村に3,006人である。あとは市部で30,094人だが、八王子、立川で4,811人であった。

今回のデータから、市内及び、近隣市に従業地や通学をしている方が多く、あきる野市においては、立川より西側が、生活圏である方が多いということが、判断できた。

*昼間人口とは、就業者または通学者が従業・通学している従業地・通学地による人口で、あり、昼間人口には買物客などの非定常的な移動は考慮していない。また常住人口は調査時に調査の地域に常住している人口である。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Comentários


bottom of page