top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

▪生活環境と安全

平成31年4月30日

生活環境には、直接危害を被ることがあるし、加害者になってしまうことがある交通事故や、恐ろしい刑法犯事件や火災などのこと、以前もレポートしたが家庭ごみの収集量なども同分類になる。

まず交通事故関係から、調べてみると件数は平成24年1,301件発生して死傷者1,541名から、平成29年では863件発生で死傷者1,038名と件数438件、死傷者数503名減っている。シートベルト着用の義務化は2008年から始まっているので、減っている理由は車の性能が上がっていることが理由であろうか。

事故の起こる時間は、2017年、2018年のデータから朝の8時~10時が午前中で一番多いが、午後を比較すると、2017年は18時~20時で2018年は16時~18時が最も多い。2019年は1~3月までの統計で16時~よりも18時~20時が2件多くなっている。いずれにしても朝の8時台と、18時前後が最も多いということであろう。

事故が多い曜日は2年トータルで金曜日が最も多く、月曜日、土曜日と続く。今度は交通事故死傷者数の年齢は40歳代が最も多く、30歳代、65歳以上、20歳代、50歳代となっていた。乗車中で死傷する方は最も多いので事故数と比例する。

男女比が出ていないので、なんとも言えないが、生活環境で以上の結果が発生しているのであろう。ここからの減少は生活時間が個々に変わるか、自動運転が一般化するか、意識を変えるように車のナビから、「そろそろ事故の多い時間になりますので、いつも以上に気をつけてください」や、「このエリアの事故件数は昨日までで、〇〇件あります。重大事故は〇〇件です。気をつけて運転を心がけましょう。」なんてアナウンスが入ると、きっと減少するかも知れませんね。

刑法犯罪については次号とします。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

Comments


bottom of page