top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

◼ 立地適正化計画3

今回は3回シリーズの最後です。

この計画は後ろ向きにとらわれてきたので、今日まで検討が進んでいない。しかしこの類の計画は市が作成しないと、結局無秩序に公共のサービスを広げていかなければならない。あきる野市のような地形では、本来なら真っ先にこの計画について取り組む必要があることは、1回めで述べたとおりでありである。

しかし現実は、いろいろと住民に説明や、理解も求める場面が出てくることから、先送りになっている。この際中心市街地につながる拠点市街地をつくるや、移動手段を充実することで、今より住みやすい環境はできるのではないかと思う。子どもの学校環境も小学校が、ひとクラスしか無い状況が、屋城と前田小学校などで見受けられる。当たり前に私達の時代には両校とも3クラスあったのが、現在では1クラスとなって、のちは、もっと減少するなどした場合に、どちらかに選択する必要も出てくるであろう。どの時点で方向性を決めるかなど、今後の行政運営に委ねられる。

いずれにしても、計画なくして実行はないので、早い段階で進めないといけない。しかし現在は行政もゼネラリストを求め、スペシャリストは、育ちにくい環境で職員を配置している現状がある。

その弊害として、資料をチェックする機能が働かない。例えば専門業者に計画書を多額報酬で外注するが、データが間違っていても、それに誰も気が付かない。近年あきる野市の印刷する冊子で間違いがない部分はなく、必ずといって、訂正がはいる。これは実働している部隊がチェックしていないから、「あれ?何かおかしいな?」やこういうところは書き換えるからチェックが必要であると言った、勘所が不明なので、正しいつもりでチェックするので、必ず間違う。しかしこれは制度が創った弊害である。

このようなことも今後正して行くためには、資料作りに汗を書かないと、人任せでは街全体の今後が暗い。

なんか評論家みたいな終わり方になってしまったが、そのあたりは今回の一般質問で市側に伝えていきたい。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page