top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

第20回「市民が使いやすい公共交通!!」▪ ドライバーを卒業できない高齢者とその家族  2021/04/6 火曜

高齢者事故が社会的に注目


高齢者の事故が連日報道されていた時期がありました。高齢ドライバーの事故はそんなに多くなったのかというと、統計的にはそうでもないのが現状ですが、立体駐車場からの落下、商業施設へ突入、高速道路逆走、ブレーキ踏み間違いなど、高齢者以外ではあまり考えづらい、事故が多いので報道されるのでしょう。


免許証を返納しない、高齢者自身はどう考えているのかというアンケートがあります。結果は「自分はまだ衰えていない」と自尊心感情が高いことが、わかりました。そうであるならば、当然返納のススメには反発となります。周りで危険を感じても本人と家族が判断するしかありません。



免許返納者の将来予想


2027年には100万人が返納して、交通弱者が誕生してしまうという予測もあります。しかしドライバーを卒業しても、移動手段の社会の仕組みが作られていないのであれば、自宅で引きこもって、老いを加速させてしまう危険性もあります。



くるま中心の道路


日本にはガードレールが諸外国では、考えられないくらい多いと言われており、事故の70%が交差点で発生します。 また信号のない交差点に歩行者がいて、車が止まる率を調査したところ、全国平均が17.1%で、最低は三重県の3.4%でした。このように、ドライバーに弱者保護の視点が薄くなっていることが、伺えます。


今後の展開として


昭和30年代に建設省も、警視庁も、「いかに早く安全に車をさばくか」を考えて、邪魔になるものは、歩道に、という考えのもと進んできました。現在の歩道橋もその遺産です。歩道橋の近くには、横断歩道が設置出来ないと言われてしまいます。



そのような状況を打開するためにも、道路の再分配が必要です。自転車は最近では歩道を走るようになりましたが、電動車いすや、スローモビリティーなども幹線道路で、往来が激しい道路でなければ、許可するように働きかけていくことも大切だと思います。

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第18回「市民が使いやすい公共交通!!」▪ 市民参加で立ち上げた岐阜市の例(その2) 2021/03/24 水曜

「運営協議会」 の役割 私の所属する会派志清会では、2020/12/25 に岐阜市にコロナ禍で、視察に行くことが出来なかったので、リモートにて視察をお願いしました。その時の記録をもとにしております。 岐阜市において、当初小学校区を基準として運営協議会を導入に動いたところ、4地区が運行を実施していく中、現在ではコミュニティバス19地区、デマンド交通1地区の20地区において運行が実施されています。また

第17回「市民が使いやすい公共交通!!」▪ 市民参加で立ち上げた岐阜市の例(その1) 2021/03/18 木曜

「買物難民」 増加 岐阜市においても、国の運輸事業規制緩和によってバス路線の廃止は続き、その後の高齢化の波で、マイカー運転が困難となり、買物難民の課題は大きくなっていました。 その中においてバス交通を回復させていった方法を探っていきます。 運行単位は小学校区 2004年、市は市民の力に頼る決断をしました。 市民を中心として岐阜市市民交通会議と各地域で開催する「1日市民交通会議」を立ち上げ、翌200

bottom of page