top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

◼ 職場環境と住まいの近接

テレワークが新型コロナウイルスの影響で飛躍的に進み、郊外に移り住むという選択肢が都心に賃貸する人々の選択肢に加わり、自然が多いあきる野市もその選択肢になる可能性も増したが、積極的に行政には環境を整えて、そのような人々を取り込んで行く姿勢は伺えない。

市の方針では職住近接を標榜している。

そこを解決する方法を仮説を立て考えてみる。職住近接とは、職場の近くに移住してしまう若い世代に、この場所に住んでいてもらいたいという思いであると仮定すると、都心に通う通勤時間は最大のネックである。

 しかし、サテライトオフィスの環境が整えば、そこへ通うという人の移動ができる。では、その場所はどこに設定するかであるが、自然の環境がより良いとなると、あきる野市を超えて檜原村である。だが電車が通ってないことは、ネックになるだろう。

 すると次の候補は五日市駅周辺である。そこには、旧五日市町役場がある。オフィス環境としては良いが、市役所の出張所と民間の同居になると、仕切りなどの設置が必要になる。 その問題さえクリアすると可能性はぐっと上がる。


 もう一つは秋川駅近のルピアも候補である。会議室もあるし、買物も便利なのは加点ポイントであるが、やはり自然環境は五日市出張所と比べると落ちる。いずれにしても、今後具体な提案をして職住近接を現実のものにしていくことで、地域の雇用が促進されるし、起業する土壌も生まれやすくなる。

 

今度はサテライトオフィスを求める法人相手先であるが、外国の会社に絞り込むことで、多様な人材が労働することも視野にはいる。国際的にはネームバリューが大切であり、「ココモトウキョウ」である。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Comments


bottom of page