top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 脱炭素技術は次世代につなぐ架け橋

日本の18歳未満の世代では地球温暖化を緊急事態と捉えているか、というアンケートで81%が回答している。

先進国の平均より高い状態です。

これは、日本では火力に頼っている状況で、原発には不安があるが、その他のエネルギーが台頭していないことに、憂いている結果ではないかと推測します。


まずCOP26では2050年までの気温を産業革命前と比べ1.5度の温度上昇に抑えるとありますが、現在は1.09度です。IPCCの予測では、非常に高い状態で4.4度の上昇、中間で2.7度、最も低い状態で1.4度を想定しています。

現在の各国の目標数値を合わせると、1.5度は達成できない状況でもあり、革命が必要な状況です。

現在カーボンニュートラルはご存じであると思いますが、その先のカーボンネガティブが必要です。これは、二酸化炭素をマイナスにするということで、排出量より、吸収が上回るという仕組みです。

例えば、植林で自然の力で吸収を促すことに対して、人工的に空気中から回収するDACというシステムや二酸化炭素を化学反応させて生成したコンクリートや、プラスチック製品にするなども新しい資源化です。 また農業分野も高濃度の二酸化炭素は野菜の栽培の成長を促すということで、注目もされています。また人工光合成の技術で水素やメタンなどに分類して再利用するなどの光科学は日本が進んでいるようです。


2.7度上昇すると、温暖化で災害のリスクは、高温リスク13.9倍、大雨は1.7倍と想定されています。

太陽光パネルを付けましたなどの、今ある技術ではなく、今後あきる野市では何か資源化に向けた取り組みの一助になれるようなことがないか、具体に身近な国会議員と相談し突破口を模索していきたいとも考えています。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page