top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 自治体DX 

行政サービスを進めるために、デジタル技術・データ活用で利便性を向上させること、またデジタル技術・AIなどの活用で業務の効率化と人的資源を行政サービス向上につなげるために、アナログの業務体制から脱却で市民へのサービスの遅延などを防ぐ必要があります。


事例では「とよなかデジタルガバメント宣言」大阪の豊中市や、宮城県仙台市のデジタル化ファストチャレンジなど、あきる野市でも始めている住民票などのコンビニ交付はもとより、教育環境のデジタル化などを、積極的に取り組んでいる自治体があります。

またフィールドワークを通じたスマート人材の三重県などは、県庁職員がスマート人材育成事業の研修やフィールドワーク等の経験から、AIやRPA等の技術を活用することが、通常業務の効率化や負担軽減に繋がる可能性を見るなどの活動を通して、人材づくりを主に動いているところもあります。


また北海道の北見市は、書かない窓口、ワンストップ窓口の実現として、証明書の請求や住民異動の届出などの際に、申請書や届出書を書かないような体制とすることで“来庁者の手間を省くサービスを実現しています。情報を元にシステムで対象者を検索すると共に必要な証明書や届出内容を聞き取りし、申請書や届出書をパソコン上で一緒に作成いたします。

現在あきる野市は1階の市民課の窓口を派遣会社へ一部依頼していますが、人材が集まず、苦慮しております。正職員ではないと市民の情報が洩れるという、方もいますが、それはさておき、早くデジタル化を進める必要があります。

今年はこれが書きおさめになりますが、来年も精進して書いていきますので、変わらずご一読をお願いできれば幸いです。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Comments


bottom of page