top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 電力供給の不安

先日の3月22日に「電力需要ひっ迫警報」が発令されたことを覚えているでしょうか。私自身は節電をいつも以上におこない、こういう日は早寝だということで、布団にもぐりこみ、ヌクヌク、グーグーでした。翌日からは何もなかったので、考えずに今日まで過ごしてしまったので、この機会に少し考えてみたいと思います。


 供給不足原因はその前に起きた地震の影響で、6つの火力発電所が運転停止中に加え、気温がさがり、電力需要が発生したことによるとされています。

   

停電になると日中であれば、生産活動をはじめ、病院や交通機関なども麻痺して、日常にパニックがおこります。 今回状況は朝の7時台は86%、9時台は97%、10時~14時はほぼ100%という状況に陥りました。


電気は需要と供給のバランスを崩すと、緊急に送電が止まるようになり、何処が停電するか不明はです。そのため政府は緊急に供給側で揚水発電を利用して確保することにし、同時に節電が進んだことで、無事にブラックアウト(エリア内停電)は避けることが出来ました。


しかし地震を防ぐことができない以上、電力供給に不安は残ります。そこで昨年西日本エリアからの電力の移行をするときにネックとなっていた、周波数の変換設備を90万キロワット分増強しておいたので、今回はなんとかなりました。続いて2027年にはもう90万キロワット分増強する予定ですので、同様の事態の時には耐えられるようになると思います。


電気は貯めることが出来ないのが課題です。 しかし各個人宅に蓄電設備があれば。環境問題をふくめて課題の解決につながりそうです。例えば電気自動車などは、蓄電設備にもなり、移動手段の確保にもなる。まして自動運転が相まってくれば、各家庭に一台でCO2削減にも役立つアイテムになるかもしれません。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page