top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 電力供給の不安2

4月のはじめに東電管内で発生した電力ひっ迫警戒をうけて記事を書きましたが、

今後において不安はないのかを考えると、安心はできません。

現在のウクライナとロシアの武力衝突をうけて、日本はロシアから化石燃料を輸入しているので、その分の調達先を探さなければなりませんが、その分はコストアップでしのぐしかありません。


現在で例えば、2022年5月とその一年前の電気料金を比較すると、6,822円が平均家庭の電気料金ですが、8,505円に値上がりしております。

但し太陽光発電はこの10年で20倍以上増えているので、1800万キロワットは発電能力あり、発電所18基分程度は確保できています。

その背景で停止や廃止を余儀なくされてきた火力発電があり、悪天候で太陽光発電が出来ない場合でも、火力が使えない環境ができあがってしまっています。来年の1,2月はこのままでいくと、東電管内は悪天候であれば、ひっ迫を避けられない状況です。

このように今後に不安を残すところでありますが、広い視野でみると、温暖化対策の今後を考え根本の電源構成を考えていかなければいけません。

 

ヨーロッパではイギリスは再エネを拡大することと、原発は8基新設します。

フランスも原発を6基新設、ベルギーは2基の原発運転の延長を行います。但し、ドイツは再エネ80%と今年度中に原発ゼロを実施していく計画です。


日本は今後再エネ40%弱、原発を現在の4%→20%、火力41%で計画をしています。


しかし、原発に関する議論はあまり行われているようには思えません。大変な議論になることは必至ですが、再エネで太陽光以外をもっと充実させても、足りない分はどうするのか結論を出す時期に入っていると思います。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

Comments


bottom of page