top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 電力供給の不安2

4月のはじめに東電管内で発生した電力ひっ迫警戒をうけて記事を書きましたが、

今後において不安はないのかを考えると、安心はできません。

現在のウクライナとロシアの武力衝突をうけて、日本はロシアから化石燃料を輸入しているので、その分の調達先を探さなければなりませんが、その分はコストアップでしのぐしかありません。


現在で例えば、2022年5月とその一年前の電気料金を比較すると、6,822円が平均家庭の電気料金ですが、8,505円に値上がりしております。

但し太陽光発電はこの10年で20倍以上増えているので、1800万キロワットは発電能力あり、発電所18基分程度は確保できています。

その背景で停止や廃止を余儀なくされてきた火力発電があり、悪天候で太陽光発電が出来ない場合でも、火力が使えない環境ができあがってしまっています。来年の1,2月はこのままでいくと、東電管内は悪天候であれば、ひっ迫を避けられない状況です。

このように今後に不安を残すところでありますが、広い視野でみると、温暖化対策の今後を考え根本の電源構成を考えていかなければいけません。

 

ヨーロッパではイギリスは再エネを拡大することと、原発は8基新設します。

フランスも原発を6基新設、ベルギーは2基の原発運転の延長を行います。但し、ドイツは再エネ80%と今年度中に原発ゼロを実施していく計画です。


日本は今後再エネ40%弱、原発を現在の4%→20%、火力41%で計画をしています。


しかし、原発に関する議論はあまり行われているようには思えません。大変な議論になることは必至ですが、再エネで太陽光以外をもっと充実させても、足りない分はどうするのか結論を出す時期に入っていると思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page