top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■1660年の江戸時代と現在

歴史家の磯田さんと経営コンサルの波頭さんの対談で、江戸時代の体制は3つのセーフティーネットがあったことで、走りもの(居場所を特定しない移住族)が減少して、永続を考えるようになった時代であったようです。


その政策は、民に家を持たせ、夫婦を推奨して8割から8割5分は結婚させ、家を守り絶やさないという考え方を推奨し、墓を一般人がもった始まりでもあった。 同時に、徒党を組むことを禁じたりして、いたずら百姓と言われた輩をつくらないようにしたそうです。


徒党を組むことは、ここからも来ているようで、江戸時代だったら、政治活動の括りである党という団体は、勝手な集まりなので、厳しく罰せられたでしょう。


さて、もう少し具体なところでは、 3つのセーフティーネットをつくりました。

1つめは、家庭内の自助です。これは介護を家でおこなう。また親戚も協力するというもの。

2つめは、地域社会の援護です。これは、5人組や村組で、地域で助け合う考え方です。

3つめは、国の援助です。全国の藩から震災等があった地域へお救い米を届けるなどの仕組みです。


これにより走りものを減らすことが出来、社会のシステムを維持してきました。

時代は変わり形は違えども根本の考えは同じですね。次第に仲間意識が生まれ地域を愛する気持ちが育まれてきたのでしょう。 現在は円安の影響もあって外国に行って稼いでいくような風潮が出現してきましたが、出来る人はどこへ行っても収入を得ることができる、江戸で言う優秀農民であり走りものでありますが、隣人が貧しいときに助けられない、愛国者はいないという疑問も呈しており、公のあり方が問われています。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page