top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■COP27国連気候変動枠組条約会議 

昨年11月6日~20日までエジプトで開催されたCOP27ですが、今回は途上国に生じる損失や被害に対して、資金援助を行うための基金などの仕組み設置で合意をしました。


COP26で気温上昇目標1.5度を掲げ、COP27では、脱炭素社会の移行への作業計画を検討し、ロシア・ウクライナなどの複合的危機にも焦点をあて、COP28にむけて、支援の原資拠出国及び、どの国へいかに配分するかなどを検討していきます。


現在世界の電力は太陽光が5%で、風力が8%を占めていますが、通常であればCO2が2億トン増に及びますが、その分を太陽光と風力で賄えたようです。


ちなみに日本では太陽光に力を入れていましたが、秋田県の秋田港、能代港で13万世帯分の電力を供給が可能な33基の風車を設置しました。今後2040年に向けて原発45基分にあたる4500万キロワット分の風車を設置する予定です。


しかし日本には時速300キロで回る羽根を作ることが出来ないことに加え、設置人材もいないので、今回は60%を超える外国籍の方に応援をしてもらったって風車設置した経緯もあり、課題が浮き彫りになりました。


今後は自然エネルギー政策を強固進めて欲しい限りですが、原発への依存度は復活する兆しがあります。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

Opmerkingen


bottom of page