top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ ICTと商店街活性化

商店街活性化には、東京都は個店への支援や商店街支援に、専門家派遣などを積極的におこなっております。

現在その恩恵をうけて、二宮商栄会もHP作成からはじまり、インスタなどSNSの使い方などの積極的に利用して大変助かっており、それぞれ個店の底上げは向上しております。

しかし、会員の温度差もあります。きっと個店をIT利用で売り込んでいきたいという方には、物足りないと感じると思います。

私は商店街という括りは地元で、そこへ買い物に来てくれるお客さんには有効ですが、そもそも関わりのない、地域外のかたには、市内全域や西多摩を括りとして、広く地域産品を買える窓口が必要だと感じております。あきる野商工会では、「いろどり屋」がありますが、そこと異なるのは、ただ商品を売るだけでない、お店を知ってもらって商品を買ってもらうような仕組みづくりです。

いくつかの商店街がHP上でやっているところがありますが、そのような仮想な商店街を創っていく必要があると考えております。また、汎用品を売っている店も何らかの、地域の目玉になるような、色を出して販売していくことも必要な気がします。


現在は商店街が利用する補助金は主に現状の売出しに消えてしまいます。その用途以外に使うことは、多くの会員の意思に反することになりかねないので、新たにデジタル化を推進するような補助金を検討してもらいたいと思っております。そして大手でなくとも、市内の商店が協力して、仮想商店を創っていくことに汗をかく店主が主体となって地域にICTの道筋を立てて、頂きたいと思っております。

いっとき、GOTO商店街のときに、話が盛り上がりましたが、規模は縮小して自分たちの出来る費用の範囲で参加できるスキームはできないものか。思案のしどころです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Comments


bottom of page