top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

SNSの活用を考える

私はSNSを個人的にはつかいますが、自己PRではあまり利用しません。

なんどか、議員という職務から、やっていることを伝える必要があると思い、フェイスブックなどで、今日はこのような委員会に出席しましたというような、現場の写真や、議事などの書き込みをアップしたりしましたが、どうも既成事実をつくっているだけで、情報受信者の求めるものと違う気がして、腰を据えて続けられません。


そこで、数年前から考えていた、地域のPRをすることなら、意味を持って続けられるかと思っています。 現在は「二宮商栄会のHP」の追加項目をつくったりするなどの管理を行っておりますが、アクセス数が少ないので、インスタなどで連携を行っていく必要も感じています。


そういう意味で今回、広報大使について調べてみました。

まず、「PR大使」に似た役職は、観光大使・名誉大使・親善大使・ふるさと大使などが、一般的にある役職で、同じ大使でも目的が違います。


例えば、広報大使が行政や公益法人の広報活動も含む幅広い定義となっているのに対して、観光大使の活動はあくまで観光地の振興が目的となっています。ちなみに、あきる野市は、ふるさと大使に、「あきる野市民栄誉賞受賞者 森井大輝選手」が任命されております。

ふるさと大使は観光大使と混同されがちですが、有名人などから選ばれる観光大使に対して、一般市民から選出されるのがふるさと大使の特徴です。市内外でも森井選手の場合は有名人でもあるので、期待が高いところであります。


さて、私自身もあきる野市自称〇〇大使のように名付けて、まずは地元である、あきる野市でも旧秋川側のエリアなど小さい範囲のPRからはじめて見ようかなと思っています。

そして、同様にSNS力で、市を皆で盛り上げるように、働きかける仕組みも考えていきたいと思います

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

bottom of page