top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 「プラスチック汚染の脅威」2030年未来の分岐点2

「暴走する温暖化」を前回お知らせしましたが、今回は「プラスチック汚染の脅威」です。

買い物をした時のレジ袋の有料化の際、鳥が餌と間違えてマイクロプラスチックを食べて消化しない映像などを目の当たりにしたかと思います。また2021年マレーシアでは、リサイクル工場で放火による火災が多発しました。これは処分を安価にするために、人為的と言われています。


20世紀の大発明のプラスチックは、現在でも20%はリサイクルされていますが、80%は埋め立てのゴミと化しております。海洋ゴミは年間3000万トンもあり、海流にのって全世界に流されています。

プラスチックは食べても便で排出されますが、実は問題はプラに使われる添加物がくせ者なのです。難燃剤、酸化防止剤、赤外線吸収剤、可塑剤などリスクの大きいものが使われており、それを食べた魚を食べるなどの食物連鎖することで、直接口に入れるより10倍もの添加物成分を摂取してしまうことになるといいます。その影響は胎盤に蓄積して胎児に必要な栄養ホルモンが届かないという研究結果も明らかになりました。スギ花粉程度の大きさのナノプラスチックと姿を変えて、大気に5千から1万/1Lが浮遊しているともいわれ、人体にも見えない形で影響を及ぼし始めています。

アメリカでは、容器リサイクルで、メーカーオリジナルの容器でない、決まった同じ容器に200を超えるメーカーが、使い終わった容器をメーカーにおくることで、詰め替えてくれる循環社会を始めています。私たちにできることは、小さくてもやらないよりはやった方が良いと改めて感じています。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Kommentarer


bottom of page