top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 常時接続SNS

Z世代の25%は使っていると言われている、居場所を共有するアプリZenlyがある。登録した人同士の居場所がわかり、滞在時間や移動スピートなども知ることができるので、尾行システムを自らが設置して明らかにしているような形である。全世界でも1億回ダウンロードされている。


Z世代は、このアプリを通して友達が集まっている状況を判断して遊びに行く。また一人暮らしでコロナに感染した時は、その情報をもとに、友人が差し入れをしてくれたという。行政に頼らなくても若者は、このアプリをもとにつながっていれば、共助する仕組みが構築されているということだろう。


 また500万人が利用しているという、ネット空間でテーマ別にリアルな音声通話などが出来るYay!などがある。これも自分の素が出せる、いつでも同じ価値観の仲間とつながれるという価値をもつ。

 もちろんこれらは犯罪のきっかけにもなっている。Twitterをはじめ1812人と被害も出ているので、保護者を含め注意していく必要があるが、危険の側面以外で居場所づくりという面もあり、多様性の世の中を生きるためには必要な要素になっているのかもしれない。

 またバーチャルの空間ではリセット出来て最初からやり直せるという、つながり易いし、切り易いという考えもあり、心理的に安全を確保できる。


 私も共有の価値観を持った人の中にいるのは居心地が良いが、そうでない場合は居づらい。それがリアルでも、バーチャルでも同じではないでしょうか。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Comments


bottom of page