top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

■ 2030年未来の分岐点5 「ゲノム・テクノロジーの光と影」

今回は遺伝子操作についての脅威です。

実際中国では遺伝子組み換えを行った双子が誕生しております。今中国では以前の一人っ子政策の煽りからか、優生優育としてゲノム編集に興味が注がれています。

現在では出産前に600種類の診断が可能になっておりますが、赤ちゃんの遺伝から先天性があると、処分するという重い選択をしますし、多くの方が賛成派でありました。

また倫理的には、知能強化に対しては、賛成19%と反対派が多いことが伺えます。

そして、人間の長生きを助ける手段として、他の動物に人間のゲノム情報を組み入れ、ひとの臓器をつくり人間に移植するという研究も進んでいます。


コロナ禍の今は、以下のマウスがバカ売れしているようです。それは、人間がもつ、コロナの感染をするACE2という突起をゲノム編集して母親マウスに備え、子供は、その遺伝子をもっており、世界中でそのマウスは需要があり実験に用いられていいるようです。

近年では2020年にノーベル賞でゲノムを乳酸菌のもつたんぱく質によって切断して、組み込みたい配列を入れる編集ができることが証明されました。

以前からは、農業分野で先進的におこなわれていましたが、まだゲノム編集が明らかでなかった1960年台には、日本でも品種改良として放射線で突然変異を狙った実験を行っており、ゴールドの20世紀梨などは、その賜物であります。


医療分野では、癌治療として、癌細胞を叩くキラー細胞にゲノム編集で書き換えをおこなって、治るケースもあるようです。

もちろん親がいない人工生命も出来るところまでもう直ぐです。

今後国際ルールをつくって、世界で倫理のあり方を考える必要があります。

今では、SFの世界は制限を外せば、作ることができる現実なのですね。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■名前の呼び方が難しい

年度の入れ替わりで小中学校へ入学や、卒業でお邪魔する機会があります。来賓にも生徒児童の名簿が頂けますが、無事に読める名前が少ないこの頃です。 もう10年位前になりますか、親のエゴで悪魔という名前をつけようとしましたが、却下された件がありました。 法務省では来年に向けて、出生届に名前の呼び方を明記する戸籍に変更する動きがあります。読ませ方は、常用漢字、名乗り訓、方言漢字、大和などの熟字訓や、海と書い

■経験はつながる

今回通称ユンボを運転する機会がありました。 若いころ私は大工さんをしておりましたが、その時に土建業として、建物の基礎を施工するのに、バックホー(通称ユンボ)を運転しておりました。ある時は栗林を整地する仕事などもやった経験があり、今回それが役にたちました。 実は鹿児島県鹿屋市に、以前住宅地になるということで、先代が購入した土地があります。 50年以上前に、近い将来住宅地になるということで会社で購入し

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

Comments


bottom of page