top of page
  • 執筆者の写真村野 栄一

▪あきる野市の強み弱み

令和1年9月8日

あきる野市役所全職員からのアンケート調査結果から、市の強み・弱みと感じているところを分野別から考える。

強みからは、都市整備では、東部の都市環境、西部の山林、市域南部に川が流れる、東京の縮図の多様な環境があるや、圏央道の利便性。都内なのに恵まれた自然環境。比較的安価な地価、土地利用が可能な場所が多いなど。

産業振興からは、観光資源が豊富(秋川渓谷・温泉施設・東京サマーランド・バーベキュー場・ハイキング等)や、多くの農地の保全、新鮮野菜など。

生活環境からは、地域コミュニティの強さ、大規模災害が少ない、治安が良い、豊かな自然など。

保健福祉からは、健康寿命が高い、豊かな自然の中での子育て環境。健康づくりに関わる市民の協力体制の確率など。

教育文化からは、歴史文化史跡等の資源(五日市憲法草案・阿伎留神社等)、国内外3つの友好都市・姉妹都市(アメリカのマールボロ・大島町・宮城県栗原市)、伝統芸能など。

行財政からは、市民と連携のとれる職員が多いなど。

弱みからは、都市整備では、公共交通の不便さ(電車本数や乗り継ぎの利便性の低さ)、市内バス交通網の不便さ、不動産価値の低さなど。

産業振興からは、産業集積の不足や、商業施設、商店会の衰退、観光資源や名産品の知名度の低さなど。

生活環境からは、高齢化に伴う地域の繋がりの維持、郷土愛の低さ、活発に活動する市民団体がすくないなど。

保健福祉では、福祉分野の独自の取組が少ないや、低所得者の割合が高い、子どもに対する福祉が充実していないなど。

教育・文化では、学業環境の低さ、学力に課題があるなど。

行財政では、基盤整備の脆弱さや、市の発信力の弱さ、老朽化した私有建物と設備などがあげられた。

資源の点からは、観光場所として紹介出来るだけでなく、手を加えることで利用出来る自然があるや、空気が美味しい、都心から程よい距離など、強みで記した類が集計された。

また、今後の「負担は増えても行政サービス水準を維持すべき」が、職員の回答数で36.2%をしめ、「負担は変えないこととし、結果的にサービス水準が下がるのはやむを得ない」は19.4%であった。

これを市民アンケートの調査結果と比較すると、はじめの質問の負担増でも水準の維持の声は33.3%で、後者の結果水準が下がるのはやむを得ないの回答は16.1%であった。また市民アンケートでは、どちらとも言えないという回答は26%と多いが、「負担は増えてもサービス水準は上げるべき」と答えた市民は7.3%で職員の5.2%を上回った。単純に負担もサービス水準も下げるべきと考えている市民は6.5%であった。

今後5年間で重点的に取り組むべきと考える内容は、産業振興が多く次いで、行財政、都市整備となった。

産業振興ということは、観光資源や、商店会の活性化、特産品などの周知などである。

この分野は財政の投入必要ではあるだろうが、主として地域の知恵と継続力ではないか。そのための仕掛けを考えることが大切である。強みをより強く、弱みの克服。また強みがあるゆえの弱みという一面もあるので、そのバランスも大切である。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■東京防災がリニューアル

今回東京都から戸別配布されている東京防災についてを記事にしたいと思います。 あの関東大震災から今年で100年の節目の年です。 前回東京防災の本が配布されてから数年経ちますが、今回はリニューアルとなる本が配布されていると思います。今回は日常で取り組める防災と、災害への備えの知識の2冊構成となっておりました。 避難方法について東京都は2段階方式を定めており、地震の揺れがおさまって、危険を感じなくなって

■子どもを犯罪から守る

子どもを不審者から守り、安全を確保するために、日本と海外では考え方が違うと言います。 あまり日本ではなじみが無いですが、犯罪学という学問があり、犯罪の発生は①犯罪の動機を持った人が、②犯行の機会を狙って③事件が発生するという一連の流れのなかで、犯罪をあきらめさせるために、②の犯行の機会を奪うという考え方です。 日本では、「子どもに不審者に注意しましょう」などと教え、人に注目して犯罪を回避させようと

■復興の地図から

NHKスペシャルを観ました。震災から12年経過した東北地方ですが、復興は進んではいますが、人口は減少も将来の日本の縮図のようになっています。 その中で人口の増減率で2010から、2020年で仙台市とその周辺の人口は増えており、地価は高騰し、91%上昇している側面もあります。 その中で、復興が進んだ2015年から5年で増えている自治体、人口6000人余りの宮城県女川町。津波のすさまじさが残る街ではあ

Comments


bottom of page